LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

ミルクティーも濃厚美味!シンガポール「ヤクン・カヤ・トースト(Ya Kun Kaya Toast)」

      2017/11/22

シンガポール ヤクンカヤトースト ゴールデンシューカーパーク店

シンガポールの朝食やおやつの定番、カヤトースト

カヤジャムという、ココナッツミルク・卵・砂糖・香りづけのパンダンリーフから作られるジャムバターが塗られたトーストです。

その人気店の一つ「ヤクン・カヤ・トースト(Ya Kun Kaya Toast)」にやってきました♪ この時はゴールデン・シュー・カーパーク店に行ったのですが、現在、こちらの店舗は閉業してしまったようです。(記事最後に店舗リストのリンクを載せています。)

 

■厚切りバターがおいしい♪カヤトースト

注文したのは単品のカヤトースト S$2.4(約197円)とコーヒー S$1.8(約148円)。セットにするとこれに半熟卵が2個付きます。(S$4.8、約394円)

やたらびしょ濡れのトレーで登場。

ヤクンカヤトースト コーヒー

 

トーストの中には、このようにカヤジャムと厚切りのバターが適当に。

ヤクン・カヤ・トースト バター

 

食べてみると、パンがサクッ!そして、カヤジャム自体はココナッツの味が強いわけではなく、ぼんやりした甘い味なのですが、ここに分厚いバターが合わさることによって、コクと塩気、ヌタっとした食感がプラスされ、全体として満足度の高い一品になっています。おいしいです♪

カヤジャムは以前、マレーシアでも食べたことがあるのですが、その時はこのように大胆にバターは使わず、あまりおいしいと思わなかったんです。なので、この厚切りバターが、味の決め手のような気がします。ただ、後で少し胃がもたれました(笑)

ヤクンカヤトースト シンガポール

 

■アイスティーもおすすめ♡「ヤクン・カヤ・トースト」

コーヒーは、濃いコーヒーに練乳が入っているもので、思ったより甘すぎず、おいしかったです。独特のコクがあります。

そしてお店の方が作っているミルクティーの香りがとても良かったので、帰りにテイクアウトしてみました。商品名としては、アイスティーで、S$2.6(約213円)です。

ヤクンカヤトースト ミルクティー

これがまたとても美味でした!

紅茶が濃く出されていて、その茶葉の香りがとてもよく、やはり練乳入りでまろやか。甘いことは甘いですが、個人的には許容範囲内です。とても気に入りました! ぜひ、こちらも飲んでみてください♪

なお、普通の「Coffee」「Tea」には練乳が入っています。「Coffee-O」が「砂糖入り(練乳なし)」、「Coffee-C」が「無糖練乳(エバミルク)入り」です。

 

カヤトーストの記事
ふわふわ厚切りタイプのカヤトーストにほっこり♪シンガポール「喜園咖啡店(YY Kafei Dian)」

ヤクン・カヤ・トースト(Ya Kun Kaya Toast)
※私が訪問した店舗は閉まってしまったようです。
ヤクン・カヤ・トースト店舗リスト(中心地)

※上記記事は2016年6月訪問時の情報・レートを元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - シンガポール