LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

台湾桃園空港第1ターミナルでSIMカードを買える場所・営業時間・料金(深夜24時までOK!)

      2018/10/15

台湾 桃園空港 SIMカード

台湾のプリペイドSIMカードは安いので、スマホは通常、Wi-Fiルーターレンタルではなく、SIMカードを買って使います♪

今回は多くのLCCが発着する桃園空港第1ターミナルの、SIMカードを買える場所・営業時間・料金・購入方法をご紹介します。

SIMカード売り場は、入国審査前と後の両方にあります。

 

■入国審査手前のSIMカード売り場の場所・営業時間

まず、入国前のSIMカード売り場は、入国審査場の手前のスペースの両端にそれぞれ3社ずつ、計6社あります。

台湾 台北 桃園空港 第1ターミナル 入国審査手前のSIMカード売り場の営業時間

入国審査が既に混んでいる場合には、ここで買っておけば、行列に並んでいる時に、スマホを見ることができるのでグッドです。

この写真↑の行列具合で、入国審査を終えるのに1時間近くかかりました……。

営業時間は、入国審査場の方を見て右側(写真奥)にある会社は全て10:00~20:00、左側(写真手前)にある会社の中の最長の営業時間の会社が、9:00~21:30です。

なお、ここの奥と手前のSIM売り場は結構離れているので、料金を比較しようとしないで、近くの売り場の中から選んだ方がいいと思います。

 

■入国審査手前のSIMカード売り場の料金(2017年)

今回は、上の写真の手前側にある台湾之星(T STAR)という会社のSIMカードにしました♪

購入時、他社より50元(約195円)安かったんです。

こちら台湾之星の営業時間毎日10:00~19:00です。

台湾 桃園国際空港 プリペイド SIMカード ショップ 売り場

 

料金は、3日までと5日までが250元(約970円)7日までと10日までが450元(約1,750円)です。(2017年購入時)

日数が違うのに同じ料金ですが、無料通話できる代金に違いがあります。

クレジットカードで払えます

台湾 桃園空港 SIMカード 台湾之星 料金

 

■SIMカードの購入方法

SIMカードの購入方法は、カウンターで何日間用かを告げスマホを差し出すだけです。

すると自動的に使えるようにセットして返してくれます。

スマホの言語設定は日本語のまま渡して大丈夫でした。

ここで買った時はパスポートと搭乗券の提示が必要で、入国後のお店で買った時は、パスポートだけで大丈夫でした。

自分のSIMカードはテープで台紙に貼って渡してくれます。

SIM取り出し用のピンはここでは不要ですが、帰国後自分で入れ替えるために持って行きましょう。

台湾 台北 桃園空港 SIMカード 購入 買い方

使ってみると、とっても速くて快適でした♪

普段日本で使っている格安SIMより断然速かったです……。

 

■入国後のSIMカード売り場の場所・営業時間

台湾 台北 桃園空港 第1ターミナル SIMカード売り場 場所 営業時間

次に入国後のSIMカード売り場についてです。

入国審査場が空いている時や弾丸旅行の時は、とにかく急いで入国審査場を通過して、入国後のお店で買うのがおすすめです♪

場所は、ターンテーブルのエリアから出口を出て、右に進んだ右手にあります。

他の場所にもありますが、ここは3社が集まっていて買いやすいです。

営業時間台湾大哥大(台湾モバイル)と遠傳電信が8:00~24:00

右端の中華電信が7:00~24:00です。

 

■入国後のSIMカード売り場の料金(2018年)

各社の料金表がこちらです。(2018年9月撮影)

5日までなら、この3社の料金プランは同じです。

★台湾大哥大(台湾モバイル)

台湾 台北 桃園空港 第1ターミナル SIMカード 売り場 場所 料金 台湾大哥大(台湾モバイル)

こちらも使ってみたところ、よくつながりました♪

クレジットカードで払えます。

 

★遠傳電信

台湾 台北 桃園空港 第1ターミナル SIMカード 売り場 場所 料金 遠傳電信

 

★中華電信

台湾 台北 桃園空港 第1ターミナル SIMカード 売り場 場所 料金 中華電信

 

以上、台湾桃園空港第1ターミナルで「プリペイドSIMカード」を買う方法でした♪

お店は他にもありますが、場所が分かりやすいのが上記です。

SIMカードのお店を見つけるのも買うのも簡単ですので、安心して行ってきてください♪

 

桃園空港第1ターミナルの記事
<台湾のおすすめの両替場所>台北桃園空港の両替所の場所・営業時間(第1ターミナル)
台湾桃園空港第1ターミナルからMRT(地下鉄)に乗る方法

 

※上記記事は2017年10月利用時の情報・レートと2018年9月利用時の情報を元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - 台湾 ,