LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

ピーチで弾丸日帰り台湾へ!実際の料金・予約方法・弾丸のコツ!(羽田-台北)

   

ピーチ 弾丸スペシャル 日帰り 台湾 台北 飛行機 LCC

行ってきました!日帰り台北旅行!

結論から言うと、す~ごく楽しかったです♪

今回はまず、ピーチの弾丸航空券の実際の料金と、予約方法と、弾丸台北のコツを覚え書きしておこうと思います♪

 

■ピーチの「0泊弾丸スペシャル」とは

ピーチの弾丸航空券、「0泊弾丸スペシャル」とは、日帰り限定の、通常料金より安いチケットです。

記事執筆時現在、下記3路線があります。

・関西-ソウル(仁川)
・羽田-台北(桃園)
・羽田-ソウル(仁川)

常に買えるわけではなく、一応、期間限定のキャンペーンです。

公式サイトに下記のような「弾丸スペシャル」の案内のバナーがあれば、キャンペーン中です。

モバイルサイトにはバナーが載っていなかったりするので、PCサイトでご確認いただくか、これからご紹介する予約手順で進んで確認してみてください。

ピーチ 0泊弾丸スペシャル 予約方法 日帰り

 

■ピーチの「0泊弾丸スペシャル」(羽田-台北)の発着時間

記事執筆時現在のピーチの「0泊弾丸スペシャル」(羽田-台北)の発着時間は、下記の通りです。

<往路>羽田発   5:55 / 桃園着 8:25
<帰路>桃園発 20:40 / 羽田着 0:55(翌日)

 

■ピーチ「0泊弾丸スペシャル」(羽田ー台北 往復9,800円)の込み込みの料金

通常、「9,800円!」と書かれて売り出されている、ピーチの「0泊弾丸スペシャル」。

「羽田-台北」便の、空港使用料など必須の追加料金を含めた最終金額は、15,430円でした。

ピーチ 弾丸スペシャル LCC 航空券 料金 台北 台湾 値段 実際

<追加料金(5,630円)の内訳>
・羽田空港旅客サービス施設使用料:2,570円
・羽田空港旅客保安サービス料:100円
・桃園空港使用料:1,880円
・カード決済手数料:1,080円(540円×2区間)

※座席指定したり、荷物を預ける場合は、さらに追加料金がかかります。
※燃油サーチャージはかかりません。

 

■ピーチの「0泊弾丸スペシャル」の予約方法

「ピーチ0泊弾丸スペシャル」の予約は、モバイルサイトか、コンタクトセンターでのみ、できます。

パソコンでは予約できません。

以下、予約ページに行くまでの操作方法です♪

①スマホで公式サイトを開く。

②「予約・予約確認」をタップ。ピーチ 0泊弾丸スペシャル 予約方法 モバイル スマホ 日帰り

③「弾丸スペシャル 予約/購入はこちらから」をタップ。ピーチ 0泊弾丸スペシャル 予約方法 モバイル スマホ 日帰り

④「弾丸スペシャル」をタップ。ピーチ 0泊弾丸スペシャル 予約方法 モバイル スマホ 日帰り

⑤「予約ページへ」をタップ。ピーチ 0泊弾丸スペシャル 予約方法 モバイル スマホ 日帰り

⑥出発地などを入力して検索!ピーチ 0泊弾丸スペシャル 予約方法 モバイル スマホ 日帰り

なお、結構先まで埋まっていることが多いので(2~3ヶ月?)、行きたいと思ったら、早めにチェックした方がいいです。

今回は、ちょくちょくチェックしていたら、空きが出て、1ヶ月先の予約を取ることができました♪

 

■弾丸台北旅行のコツ!

最後に、弾丸台北旅行をする時のコツ、時間を有効に使うためのポイントをお伝えしたいと思います!

①行きの座席だけは、迷わず極力前の席を指定する!

②台北に着いたら、入国審査場までダッシュ!

③SIMカードは入国審査後に買う!

④お店予約は2か所までがおすすめ!

⑤ガンガン、タクシーを使う!

とにかく、桃園空港の激混みの入国審査を早く抜けられるかどうかが、運命の分かれ道! 下手すれば1時間並びます。

①~③は、早く入国審査を終えるための必須行動です!

席は、私は2列目の席を指定しました。(追加料金1,100円)

ピーチ シートマップ 座席指定 料金

SIMカードは入国審査の前にも売り場がありますが、買っている間に入国審査が混んでしまうので、外に出てから買うのがおすすめです!(SIMカード売り場についてはコチラ。)

④⑤は市内での行動について。

今回、マッサージなど3か所に予約を入れたところ、思うように食べ歩きができませんでした。

予約を入れる場所は、2か所までが良さそうです。

また、移動はやはりタクシーが早いです。

タクシーを止める時は、進行方向側の車線に行って止めると、時間の節約になります。

 

以上、④は反省点ですが、他の事項は大成功!

入国審査は10分足らずで終わり、かなり満喫できました♪

限られた時間内で必死に楽しむのって、ある意味、爽快!

達成感もハンパ無かったです。

上記のコツを意識して、そんな弾丸旅行の醍醐味を味わってみてはいかがでしょうか?

(お金と時間があったら、日帰りじゃなくて泊まった方がいいです。笑)

 

※上記記事は2018年9月利用時の情報を元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - 台湾 ,