LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*
( 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。)

逆に言うとハト好きにはたまらない町!ミャンマー、ヤンゴン

   

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩

今回は、ヤンゴン雑感を。

ヤンゴンの5大ストレスといえば、「暑い」「ゴミが多い」「歩行者用信号が無いor機能しておらず、道は自力で渡る」「タクシーが交渉制」そして、「鳥」です。(※私認定)

 

その鳥の恐怖を説明する前に触れておきたいのが、ミャンマーの人の功徳を積む精神の話です。

ミャンマーの人は来世がより良いものになるよう、現世で良い行いをして、功徳を積むことを心掛けているそうなんです。それで、他人に食事を振る舞ったり、逃がすために売られている小鳥を買って、逃がしたりするのですが、その辺の鳥にエサをあげることも功徳を積むことになるそうです。

エサは普通に地面に撒いている時もありますが、こちら↓の写真のように稲穂を木や柵に縛り付けるパターンもあります。

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩 エサ

そんなわけで、ヤンゴンでは、鳥(主にハトとカラスとスズメ)は、それはそれは楽しそうに飛び回っているわけです。

 

それで本題ですが、その鳥、特にハトが、町のありとあらゆる場所で、群れになってくつろいでいるんです! くつろぐだけならいいですが、はしゃいだりします!

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト

 

このように、歩道の上の電線にたむろされると、

ミャンマー ヤンゴン 鳥 鳩

 

もう、フンやら、羽根やら、ハト本人やらが落ちてきそうで、おちおち下を歩けません!

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩

 

上ではなく、下に大量にいるのも、結構怖いものです。飛び立った時に、顔に当たって来たりしそうです。

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩

 

こちらの木の周りも、ホント恐怖でした。電線、見てください……。

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩

 

何となく、他の人が通る時に一緒に通ったりしました。日傘か傘を差すと、気持ち歩きやすいです。

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩

 

時には、ハトと一緒に信号待ちをすることも……。

ミャンマー ヤンゴン 鳥 ハト 鳩

このハトの鳴き声がまた、カラスとカモメを足して2で割ったような、主張の強い声で鳴くんです! もしかしたらハトの声じゃないかもしれませんが、あちこちから大声でうるさかったです。

そんな感じで、ヤンゴン滞在中、ストレスを感じることもありましたが、ミャンマーの方々がとても優しくて、その優しさに救われ、良い気分で旅を終えることができました♡

 

※上記記事は2017年3月訪問時の情報を元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - ミャンマー