LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*
( 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。)

2022年夏セブ一人旅♡「House of Lechon」名物の豚の丸焼きをおしゃれな人気店で堪能♪(ハウスオブレチョン)

      2022/08/10

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想

フィリピン名物、子豚の丸焼き「レチョン」を食べに行ってきました!

レチョンはフィリピンでお祭りやお祝いの時に食べられる伝統料理で、内蔵を取り除いた豚に下味を付けて串を通し、回しながら炭火で時間をかけて焼いて作ります。

今回は、人気&有名なレチョンの専門店、「House of Lechon(ハウスオブレチョン)」へ!

巨大ショッピングモール「アヤラセンターセブ」から徒歩5分くらいの場所にあります♪

 

■「House of Lechon」のレチョンはカルカルシティからやってくる!(ハウスオブレチョン)

セブのレチョンはフィリピンの中でもおいしいと評判で名物になっていて、その中でもセブシティ中心から車で南に約1時間半の所にある「カルカル(Carcar)」という街で作られた物が特においしくて有名だそう。

「House of Lechon」は、その「カルカル」のレチョンを運んできて提供しているんです!

これは期待が高まります!

 

■「House of Lechon」の店内(ハウスオブレチョン)

ではお店に入りましょう!

こちらがお店外観で、手前に駐車場があります。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 外観

 

一歩、足を踏み入れると、おしゃれなインテリアにおぉっ!となりました!

自然素材のインテリアとブルーの小物の組み合わせがステキすぎる♡

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内 席

 

シーリングファンが付いた半屋外の席もあって、リゾート感満載♪

お店の周辺は思いっきりローカルの喧騒の街並みだったので、ちょっと頭の中が追い付かない感じはありました(笑)。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内 席

 

レジの奥では絶賛豚肉解体中!

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内

 

大きい~!

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内

 

結構ぐちゃぐちゃに切ってました(笑)。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内

 

明るい(笑)。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内

 

■「House of Lechon」のメニュー・値段(ハウスオブレチョン)

さて、メニューはこちらです♪(この時は1ペソ=約2.5円。)

レチョン・前菜

上の四角の中がレチョンの値段で、それぞれ大体何人分かが書かれていて分かりやすいです。

左がノーマルの味で右がスパイシー。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 メニュー 値段

 

麺類・お刺身のマリネ・サラダ・スープ

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 メニュー 値段

 

野菜・肉・シーフード&グリル料理

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 メニュー 値段

 

デザート・ご飯・飲み物

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 メニュー 値段

 

なお、レチョンが運ばれてくる時間は決まっていて、その時間に来店すると大きい豚が見られたり、よりフレッシュな物を頂ける可能性があります♪

(ノーマルは10時、12時、17時、スパイシーが10時。)

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 到着時間

 

■「House of Lechon」のレチョンを堪能!(ハウスオブレチョン)

私は南国の雰囲気に誘われて、テラス席に座りました♪ 暑い!

オーダーしたのは、「マンゴーシェイク」110ペソ(約275円)

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内 マンゴースムージー

 

やっぱりマンゴーは間違いないです!

キンキンに冷えていて、おいしすぎる~♪

飲むクーラーや~♪

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内 マンゴースムージー

 

そして「ガーリックライス(小)」70ペソ(約175円)

フィリピンのガーリックライスって、さっぱりしていて、味濃いめのおかずによく合います!

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 店内 ガーリックライス

 

そして「カルカルレチョン1/8kg」245ペソ(約615円)!

豚のお皿がかわいいです♡

添えてあるソースは、肉を焼いている時に出る肉汁で作られているそう。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想

 

別のお皿にご飯と一緒に盛って、いただきますっ!

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想

 

まず、皮はパリッパリで、噛むとパリパリ音がします!

ただ、しょっぱいので、単体で味わうよりお肉やご飯と一緒に食べた方がいい感じです。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想 皮

 

一方、お肉は、味は付いているけどしょっぱすぎなくてグッド!

噛み応えはありつつも、簡単にほぐれていく柔らかさで、味は想像通りの豚の丸焼きの味ではありましたが、ほぐしてガーリックライスと混ぜて食べると、より奥行きが出ておいしかったです♪

お肉に十分味が付いていたのでソースは使いませんでしたが、ソースは胡椒の味がする塩だれのような味でした。

なお、お肉にしっかり味が付いているのがセブのレチョンの特徴だそうです。

セブ旅行記 一人旅 House of Lechon ハウスオブレチョン  豚の丸焼き ブログ 口コミ 感想

最初にお肉を見た時は、「少な!」と思ったのですが、食べてみると1/8kgは確かに1人にちょうど良い量でした。

 

というわけで、「ワイルドな豚肉料理」という感じで、たぶんレチョン自体がおいしいけど想像を超えるおいしさとかではなかったですが、人気店の物を頂けて良かったです♪

他のお店だと、パサついていたりすることもあるようです。

なお、後で調べると「スパイシー味」の方が人気があるとのこと。

私も辛いのが好きなので、そっちの方がインパクトあって良かったかな??

 

では、次回はこの「House of Lechon」の近くにあるお土産屋さんをご紹介します♪

 

House of Lechon アカシア店(ハウスオブレチョン)<地図>
10:00~21:00
カード:可

※上記記事は2022年7月訪問時の情報・レートを基に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - フィリピン