LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

来場者1日2万人!韓国「光明洞窟」の人気がすごい!理由分からず

      2017/09/01

韓国 光明洞窟 地図

ソウル郊外に、韓国の方に絶大な人気を誇るレジャースポット「光明洞窟」というのがあります。

1912年~1972年まで使われていた鉱山の廃鉱が、2014年に観光スポットとして生まれ変わったもので、洞窟の中や外にいろんなものが作られています。

今回、ファムツアーで連れて行っていただいたので、様子をご紹介したいと思います!

 

■洞窟の中は大混雑!

まず、駐車場から洞窟入り口まで少し距離があるので、このゾウさんバスで移動しました。なぜゾウさん。 (2,000ウォン、約200円)

 

こちらが洞窟入り口です。いかにも混んでます。

韓国 光明洞窟

 

うっ! 中はやはり、人・人・人! この日は日曜で特に人が多く、歩きにくいことこの上なし。

韓国 光明洞窟

 

階段も結構あり、ちょっとした修行のようでした……。

韓国 光明洞窟 階段

ちなみに洞窟の中の気温は通年12℃程度、人が多いと14℃程度とのことで、少し涼しかったですが、服装は普通に半袖で大丈夫でした。(平日は寒いかもしれません。)

では、洞窟の中の見どころをいくつかご紹介していきます!

 

■劇場

洞窟の中に突如現れる劇場は雰囲気がありました。こちらではファッションショー、コメディショー、ミュージカルなどの文化・芸術公演が行われるそう。

韓国 光明洞窟 劇場

 

この時は、壁にいろいろな映像が映し出されていました。

韓国 光明洞窟 劇場

 

■黄金の道

金色のプレートに願いを書いて吊るすことができる場所。プレートは有料で5,000ウォン(約500円)です。

韓国 光明洞窟 黄金の道

 

■黄金宮殿

洞窟妖精「アイシャ」が抱いている金塊に触れる体験ゾーン。金塊やハンマーに触ると幸せになれるとか。

韓国 光明洞窟 妖精 アイシャ

 

■神秘の龍「洞窟の帝王」

映画「ロード・オブ・ザ・リング」を制作したニュージーランドのWETAデジタルによる韓国最大の龍、とのこと。韓国最大の龍……?

韓国 光明洞窟 龍

 

■洞窟植物園

LED照明による光合成作用で植物生長と酸素の供給、空気浄化作用をする洞窟の中の天然植物園。

韓国 光明洞窟 洞窟植物園

 

■ワイン洞窟

年中気温が12℃程度という洞窟の特徴を活かして、全国170種の韓国産ワインを集めて販売されています。試飲もできました♪

韓国 光明洞窟 ワイン洞窟 試飲

 

■ワインレストラン

一流ホテル出身のシェフが最高級の韓牛ステーキ料理と品格のあるサービスを提供する洞窟レストラン。いい雰囲気でした♪ こちらを見て、外に出ました。

韓国 光明洞窟 ワインレストラン

 

■金採取体験

次は洞窟の外にある体験コーナーへ。砂金採りのようなことができます♪

韓国 光明洞窟 金採取体験

 

最初に砂の入った袋を受け取ります。6,000ウォン(約600円)。それを容器に入れて、水の中でゆすって砂を流しながら金を探します。テクニックは関係なく、砂袋を選んだ時点で、運命は決まっているのでありました……。

韓国 光明洞窟 金採取体験

見事金の粒を見つけた方もいらっしゃいましたが(写真右下)、私は銀の粒しか見つけられませんでした。採取した金や銀は持ち帰ることができます。

 

■光明洞窟、日本人にはあまり合わないかも?

来場者は1日2万人! 先日は4万人だったというこの光明洞窟。

私的には、ワインセラーやワインレストランはステキで、金採取もなかなかおもしろかったですが、肝心の洞窟の楽しみ方がよく分からなかったです……。どうも無理やり見どころを作り上げている気がしてしまいました。

日本人はもっと、洞窟なら洞窟の趣を大切にしたものの方が好きなんじゃないかなぁと思いました。

でもこの韓国の方々の盛り上がりに、国民性の違いを見ることができ、興味深かったです。また、雇用を生み出したり、都市と農村の共生と地域経済の活性化に貢献する韓国型創造経済のモデルとして定着しているとのことで、韓国にとって価値のあるすばらしい場所であることは間違いありません。

日本語の公式サイトがあり、結構詳しく情報が載っていますのでご覧いただき、興味が持てそうな場合は、行ってみてはいかがでしょうか♪

 

光明洞窟 <グーグルマップ>
※営業時間と定休日は変則的なので、公式サイトでご確認ください。
入場料大人 6,000ウォン(約600円)
ゾウさんバス 2,000ウォン(約200円)
黄金プレート 5,000ウォン(約500円)
金採取体験 6,000ウォン(約600円)
公式サイト(日本語)


※上記記事は2017年8月訪問時の情報・レートを元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - 韓国