LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

ミャンマー、ヤンゴン「ダニンゴン市場」駅自体が市場!カオス好きも納得のカオスがそこに

      2017/07/17

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

ミャンマーのローカル鉄道で、ヤンゴンのやや北部、ダニンゴン駅にある「ダニンゴン市場」にやってきました!

私はレーダン(Hledan)という駅から鉄道に乗り、約50分で到着。ヤンゴン中央駅からだと約1時間20分のようです。

ローカル鉄道の記事はこちら↓
ミャンマーのローカル鉄道、ヤンゴン環状線で「ダニンゴン市場」へ!(路線図アリ)

 

■列車を取り囲む、超駅ナカの市場

ダニンゴン市場は、駅の中で繰り広げられるのが特徴で、それが見たかったんです♪(駅の外にもあります。)

列車が到着すると、人々がスタンバイしていました! 朝8:20頃の様子です。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

そしてこのように、外から乗客に商品を売っています。

ダニンゴン市場 駅 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

列車が通り過ぎると、線路にせり出してきます。

ダニンゴン市場 駅 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

線路に座ったりして、やれやれと店開き。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

そしてまた列車が! これは日本の車両です。回送列車に乗ったり降りたり売ったり、大賑わい! この繰り返しです。

ダニンゴン市場 駅 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

■駅ソトの市場は、よりカオス!

さて、今度は屋根付きの市場の方へ行ってみます! かなり大きいです。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

おぉー! ザ・雑多。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

中も通路は狭く、ごちゃごちゃしています。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

薄暗く、障害物もあり、他を寄せ付けぬ雰囲気。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

なので退散し、外へ。このエリアでは、皆、とうもろこしの皮をむきまくりです。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

そして、むいた皮は自由に捨ててよしっ!

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

って、この一面、皮だらけはかなり衝撃的でした。「通り道というのは、通りやすくされているもの」という固定観念がぶっ飛びました。

このように、場所によっては区画というものが無く、お店とお店の境や、道とお店の境もよく分からず、人によっては発狂するんじゃないかっていうカオスっぷりでした。

 

現地にいる時は興奮気味で、品定めまではできませんでしたが、今写真を見ると、欲しい物がたくさん! 柑橘類やパクチー、巨大スイカ、バナナ。買って食べてみたかったなぁ。

ダニンゴン市場 Danyingon Market(Da Nyin Gone)

 

というわけで、私的にはとてもおもしろかったのでおすすめです♪ 今回の写真はあまり伝わる写真が撮れていないのですが、実際は歩く気も失せるようなカオスがそこにあります(笑)。ぜひ、鉄道体験とセットで行ってみてください♪

ちなみに帰りは鉄道には乗らず、タクシーで中心の方に戻りました。インヤー湖の少し北のスーパーまで、約40分、4,500チャット(約390円)でした。

 

ダニンゴン市場までの鉄道の記事
ミャンマーのローカル鉄道、ヤンゴン環状線で「ダニンゴン市場」へ!(路線図アリ)

ヤンゴンの他の市場の記事
ミャンマー、ヤンゴンの「インセイン市場」をガイドさんと散策♪

ダニンゴン市場(Danyingon(Da Nyin Gone) Market)<地図>
早朝〜19:00頃?

※上記記事は2017年3月訪問時の情報・レートを元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - ミャンマー