LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

SIMより安い!台湾で「KKday」のWi-Fiルーターをレンタルしてみました♪なんと1日184円!おすすめ!

      2018/12/05

KKday Wi-Fiルーター レンタル ポケットwifi 台北 台湾

台湾の空港で借りるモバイルWi-Fiルーターが、実はSIMカードより安いと知り、今回の旅ではWi-Fiルーターレンタルを試してみました♪

利用したのは「KKday」のポケットWi-Fiレンタルで、事前にネット予約して、台湾の空港で受け取り&返却する仕組みです。

「KKday」は台湾に本社がある、オプショナルツアーなどを販売している会社です。

これがめちゃ安で、腰を抜かしました~!!

 

■「KKday」のWi-Fiルーターレンタルの値段(台湾)

というのも、「KKday」のポケットWi-Fiレンタルの値段は、

なんと、1日184円です!(3日で552円)

KKday Wi-Fiルーター レンタル ポケットwifi 台北 台湾 値段 料金

しかも通信量無制限で、5台まで接続可能です。

SIMカードだと、一番短期間の3日間のプランで、300元(約1,110円)くらいなので、1日でも約1,000円は必要です。

ポケットWi-Fiレンタルなら、1日は184円2日は368円でよいので、弾丸旅の場合、特にメリットを感じます♪

ちなみに、ちょっと前の口コミを見ると、以前は1日297円だったみたいです。(今年の口コミです。)

また、為替レートによっても変動するので、最新の料金は「KKday」のサイトでチェックしてみてください♪

 

■「KKday」のWi-Fiルーターレンタルの予約方法

「KKday」のポケットWi-Fiレンタルの予約方法は簡単ですが、ざっくりご紹介します。(以下はパソコンの画面です。スマホは少し違います。)

「KKday」のポケットWi-Fiレンタルのページを開く

 

②受け取り空港を選択

ページの下の方に、この↓項目があるので、桃園第2、松山、高雄、桃園第1から選びます。

受け取りと返却の空港が違っても大丈夫です。(返却空港の指定は不要)

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

受け取り日(利用日)を選択

空港を選択すると、この↓カレンダーが現れます。(先に受け取り日を指定してから、空港を選んでもOKです。)

予約申し込み期限は前々日のようです。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

④+マークで数字を増やして日数を指定

受け取り日を指定すると、このフォーム↓が現れます。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

⑤「予約する」をクリック

日数を指定すると、パソコンの場合、画面右側に、プラン名と「予約する」というボタンがアピールしてくるので、「予約する」ボタンをクリックします。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

⑥会員登録する

するとログインまたは新規登録画面が出るので、登録します。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

⑦カード決済する

すると自分の情報の下に「お支払い情報選択」の項目があるので、項目を開いてカード情報を入力します。

そして「次へ」をクリック。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

⑧予約完了

すると、やや不安になるような待機画面(笑)の後、こちらの成功画面が表示され、予約完了です。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 予約方法

 

⑨バウチャーをメールで受け取る。

予約が完了すると、メールでバウチャーが送られてきます。

「印刷する必要はない」と書かれていますが、紙で見せるのが一番早くて確実なので、私は印刷する派です。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル バウチャー

 

■「KKday」のWi-Fiルーターレンタルの受け取り場所&方法

それぞれの空港の、ポケットWi-Fiの受け取り場所は、ポケットWi-Fiレンタルのページの下の方に、地図と外観写真が載っています。

桃園空港第2ターミナルの受け取り場所はこちら↓です。

出口出て右に進み、角を右に曲がります。

ちなみに、両替所は出口出て右前方にあります。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 受け取り場所 桃園空港第2ターミナル

 

こちらの「游客邦(Unite Traveler)」というカウンターです。

上部にはWifi router Pickup」と書かれています。

こちらで、バウチャーを見せ、クレジットカードでデポジットの手続きをすると、ポケットWi-Fiを渡してもらえます♪

この時もらうレシートは、返却時に必要なので、ケースに入れて取っておきます。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 受け取り場所 桃園空港第2ターミナル

 

■「KKday」のWi-Fiルーターレンタルの使用方法と規格

さて、こちらが「KKday」のポケットWi-Fiセット一式です♪

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル

使い方は簡単です♪

まず、ルーター左上のスイッチを長押しして電源を入れ、自分のスマホでルーターのアカウントを探して選択し、パスワードを入力すればつながります。

wifiのアカウントとパスワードはルーターの裏側に書かれています。

(ルーター裏側、一行目がアカウント名、二行目の「KEY~」がパスワード。)

 

スペックは以下の通りです。

<規格>
・概算バッテリー持続時間:約7〜8時間(利用状況により異なる)
・テザリング:5台まで
・データ通信量制限:無制限
・通信速度:4G
・サービスエリア:台湾本島、澎湖、金門、馬祖
・サイズ:96.8mm x 58mm x 12.8mm
・重量:約75g(バッテリー込み)
・バッテリー:3.8V、1500mAh

 

■「KKday」のWi-Fiルーターレンタルの返却場所&方法

ポケットWi-Fiの返却場所は、受け取り場所と同じカウンターです。

桃園空港第2ターミナルの場合、1階到着ロビーに前述のカウンターがあります♪

Wi-Fiルーターセットとレシートを渡すと、レシートにスタンプを押して返してくれます。

これで返却完了です。

KKday ポケットwifi Wi-Fiルーターレンタル 返却方法

 

■「KKday」のWi-Fiルーターレンタル、おすすめ!

「KKday」のポケットWi-Fiのスピードは特に問題無かったですし、バッテリーも基本的にずっと電源を入れっぱなしにしていましたが、1日の観光中、切れることはありませんでした。

というわけで、Wi-Fiルーターをレンタルするなら、「KKday」のポケットWi-Fiレンタル、とってもおすすめです!

 

また、SIMカードよりも安いので、値段を重視するなら、SIMフリースマホを持っていても、ポケットWi-Fiレンタルの方がいいということになります。

ただ、値段が高くても、プリペイドSIMカードは、「荷物にならない、充電不要、バッテリーを気にしなくていい、返却不要」というメリットがありますので、日数やシチュエーションや気分に合わせて、選ぶといいですね♪

では、これから旅行される方は、よい旅を~♡

 

台湾のSIMカードの記事
台湾桃園空港第1ターミナルでSIMカードを買える場所・営業時間・料金(深夜24時までOK!)

 

※上記記事は2018年11月訪問時の情報・レートを元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - 台湾