LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*
( 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。)

カンボジアのアライバルビザ取得方法とコツ!(記入例&爆速で申請する方法)

   

カンボジア アライバルビザ 現地取得 方法 申請 記入例 シェムリアップ

先日、カンボジアのシェムリアップに行ってきました♪

カンボジア入国にはビザが必要で、取得方法は、

①日本にある大使館や領事館で申請
②オンラインで申請
③現地で申請(空港など)

の3つがあります。

この中の「③現地で申請」(アライバルビザ取得)が一番簡単で一番安いので、おすすめです♪

というわけで、今回はシェムリアップ空港でのビザ申請・取得方法や、速く申請するコツ、そして最後に申請用紙の記入例をご紹介します♪

 

■カンボジア観光ビザ基本情報(2019年3月)

まず、カンボジアの観光ビザの基本情報をご確認ください。

・必要旅券残存期間・・・入国時6ヶ月以上
・必要査証欄・・・1ページ
・滞在可能期間・・・30日間
・入国可能回数・・・1回
・料金
 大使館→約4,000円(申請場所と為替によって変わる)
 オンライン→36USD(クレジットカード払い)
 現地→30USD
・必要書類・・・証明写真1枚
(4.5cm×3.5cm)
※現地取得の場合は、多少サイズが違ってもOK。

 

■シェムリアップ空港でのビザ申請・取得の流れとコツ

では、シェムリアップ空港でのビザの申請と取得の流れをご紹介します。

1.空港に入ったら右手に進む

飛行機を降りて、空港の建物の中に入ると、左手に入国審査場、右手にビザ発給カウンターがあります。

大使館やオンラインで、既ににビザを取得している場合は、左手の入国審査に進みます。

これからビザを取得する場合は、右手に進みます

カンボジア シェムリアップ空港 アライバルビザ ビザ 現地取得 方法

 

2.ビザ申請用紙に記入する

右手のビザ発給カウンターの手前に、申請用紙があるので、ここで申請用紙に記入します。

申請用紙はこんな感じでラックに置いてあります。

カンボジア シェムリアップ空港 アライバルビザ ビザ 現地取得 方法 ビザフォーム 申請用紙

 

ここでなるべく早く記入を終えて申請するコツですが、日本で事前に記入例を入手して、そこに実際に記入する内容を書いておき、それを丸写しするのがおすすめです。

私は地球の歩き方をコピーして、準備しておきました♪

カンボジア シェムリアップ空港 アライバルビザ ビザ 現地取得 方法 記入例 書き方

 

お蔭で、ものすごい速さで記入できて、早く申請窓口に行くことができました♪

ちなみにこの申請用紙は日本の大使館・領事館の申請用紙とは違いますので、ガイドブックや私のブログから、アライバルビザの申請用紙の見本を入手してください。

カンボジア シェムリアップ空港 アライバルビザ ビザ 現地取得 方法 記入例 書き方

 

3.ビザ発給カウンターの申請窓口で申請・支払い

記入が終わったら、ビザ発給カウンターの申請窓口(カウンターの右側)に行き、パスポート・申請用紙・写真・30ドルを提出します。

写真のサイズは、申請用紙には4×6と書いてありますが、その写真枠のサイズは横3cm×縦4cmでした。

口コミやガイドブックを見ても、そして申請してみても、写真のサイズはそれほど重要ではないようでした。

横3.5cm×縦4.5cmくらいの写真を用意しておけばいいと思います。

 

4.ビザ発給カウンターの受け取り窓口で受け取る

申請後は、カウンターの左側(奥)の受け取り窓口に行き、しばし待ちます。

ビザの準備ができると、係の人がパスポートの顔写真を見ながら、渡してくれます。

パスポートを受け取ったら、入国審査に進みます♪

 

■カンボジアのアライバルビザの記入例(書き方)

最後に、カンボジアのアライバルビザの記入例(書き方)と、申請用紙の写真を載せておきます。

申請用紙の写真を印刷して、それに申請内容を記入して持っていけば、現地で早く記入が終わり、早く申請できると思います♪

<アライバルビザ記入例>カンボジア シェムリアップ空港 アライバルビザ ビザ 現地取得 方法 記入例 書き方

 

<アライバルビザ申請用紙の写真>カンボジア シェムリアップ空港 アライバルビザ ビザ 現地取得 方法 記入例 書き方

あまり鮮明ではないのですが、良かったらこちら↑を印刷して、申請準備にお使いください♪(これを提出することはできません。)

なお、申請用紙のサイズはA5サイズくらいです。

 

アライバルビザを取得するには、多少待ち時間が発生しますが、私より後の人々も、思ったほど長く待ってはいなかったです。

申請窓口や受け取り窓口もとても分かりやすく、困ることは無いと思いますので、これから行く方は、安心して行ってきてください♡

 

※上記記事は2019年2月訪問時の情報・レートを基に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - カンボジア