LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

ラオス、ビエンチャンで托鉢を見られる時間と場所(おすすめ見学スポット)

      2017/11/23

ラオス ビエンチャン 托鉢

ラオスで行われている托鉢(たくはつ)。

仏教僧の修行の一つで、町を歩きながら信者から食料などをもらい、信者に功徳を積ませるというもの。世界遺産に登録された町、ルアンパバーンの托鉢・見学が有名ですが、首都ビエンチャンでも見ることができます。

ただ、やみくもに早起きして歩き回っても出会えませんので(経験済み)、しっかり時間と場所を押さえておきましょう♪

 

■托鉢開始時間は、朝5時過ぎ

ビエンチャンでは、朝5時に寺院から太鼓の音が聞こえてきて、それから数分後に僧侶たちが列になって寺院から出てきます。(ルアンパバーンでは明るい時間に行うよう調整しているみたいです。)

セタチラト通りのワット・ハーイソーク(Wat Haysoke)という寺院では、この日は朝5時7分に僧侶たちが犬と共に現れました。

ラオス ビエンチャン ワット・ハーイソーク Wat Haysoke 托鉢

 

こちらの寺院前でも托鉢は行われていたのですが、待つ人は3人と少なかったです。また通りが大きく、早朝でも結構、車が通っていたので、自由に動いて写真を撮るのは難しいです。

ラオス ビエンチャン 托鉢 ワット・ハーイソーク Wat Haysoke

 

このワット・ハーイソークの場所はこちら↓です。

 

■おすすめ托鉢見学スポットは、「サラナ・ブティックホテル」前!

参加する人がもっと多く、交通量が少なくて写真を撮りやすいのが、「サラナ・ブティックホテル(Salana Boutique Hotel)」前です。

ラオス ビエンチャン 托鉢 場所 サラナホテル

 

まさにホテルの前で、人々が待機していましたし、

ラオス ビエンチャン 托鉢 時間 場所 サラナブティックホテル Salana Boutique Hotel

 

ホテルの右の方にも、このようにズラリ。

ラオス ビエンチャン 托鉢 時間 場所 サラナブティックホテル Salana Boutique Hotel

 

僧侶たちが、右からも左からも!

ラオス ビエンチャン 托鉢 時間 場所 サラナブティックホテル Salana Boutique Hotel

 

僧侶たちも参加者も、裸足です。渡す物は、基本的にはもち米です。

ラオス ビエンチャン 托鉢 時間 場所 サラナブティックホテル Salana Boutique Hotel

 

食料を受け取ったら、僧侶たちはお経を唱え、人々は手を合わせていました。

ラオス ビエンチャン 托鉢 時間 場所 サラナブティックホテル Salana Boutique Hotel

暗闇の中に浮かぶ、僧侶たちの鮮やかな服、無感情の声で唱えられるお経、人々が真剣に祈りを捧げる様子、全てが神聖で厳かで感動しました。

 

■ビエンチャンで托鉢見学なら、朝5時に「サラナ・ブティックホテル」前に集合!

以上のサラナ・ブティックホテル前の写真は、朝5時10分~5時15分の間に撮りました。

その時間にサラナ・ブティックホテル前に来れば、托鉢を見ることができると思います。余裕を持つなら、5時ちょうどに来て、待っていてもいいかもしれません。

朝早いので、サラナ・ブティックホテルに泊まれば、一番楽ですね♪ サラナ・ブティックホテルは、施設、サービス、食事の全てにおいて、とても評判が良く人気のホテルです。予約は早めがおすすめです♪

>>「サラナ・ブティックホテル」の詳細・口コミ・予約はこちらから

 

サラナ・ブティックホテル(Salana Boutique Hotel)前 <地図>
朝5:00過ぎに托鉢見学可能。

※上記記事は2016年9月訪問時の情報を元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - ラオス