LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*

3月のミャンマー、ヤンゴンの気候・服装・靴に関するアドバイス♡

   

ミャンマー ヤンゴン シュエダゴン・パゴダ 北 仏塔

ついにミャンマーの最後の記事!

今回は、3月にヤンゴンに行った時の気候と服装・靴について、書き記しておこうと思います♪

ヤンゴンの2~5月は暑季ということで、乾季の中でも暑い時期です。2017年3月上旬の天気はいつも晴れ最高気温は35~37℃でした! ただ、湿度は低いです。

ミャンマー ヤンゴン 3月 気温

 

■服装は夏服!ただし露出控えめがおすすめ

そんな暑いヤンゴン。当然服装はゴリゴリの夏服でお願いします。

ただ、現地の方々の多くは、上は半そで、下はくるぶしまでの丈の民族衣装を着ていて、露出が少ないです。そんな中、キャミソールやショートパンツなどで肌を出して歩くと浮いてしまい、居心地が良くないので、露出少な目の服がおすすめです。

一方、リゾートっぽさを売りにしているようなホテルの中では、露出の多いリゾート服もなじみます♪

ミャンマー 3月 服装 ヤンゴン

 

■靴はビーチサンダルがおすすめ

暑いので、足元はやはりビーチサンダルがおすすめです。現地の方もみんなビーチサンダルを履いています。

私が愛用しているのは、ハワイアナスのFREEDOMです♡ バックストラップが付いているので歩きやすい上に、品良く履けて旅行時に大活躍しています♪

ハワイアナス ビーチサンダル FREEDOM

 

その他、高級ホテルでお茶や食事やスパを楽しむのなら、他の靴もあった方がいいですね。私は歩きやすく、かつ、きちんと感もあるコットンレースのスリッポンや、ガイモのエスパドリーユを愛用しています。

旅行用 靴 サンダル

 

■日傘もぜひ!

そして、日光が容赦なく突撃してきますので、日傘もあった方がいいです。現地の方々も日傘……というか雨傘を使っていました。

ミャンマー 日傘

 

このような感じで、3月のヤンゴンの服装は、迷いなく夏服です! ちなみに室内のクーラーが寒く感じることはなく、個人的には冷房対策も必要ありませんでした。

以上、同じ時期にヤンゴンに行く方の参考になればうれしいです♪

 

※上記記事は2017年3月訪問時の情報を元に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - ミャンマー