LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行情報ブログ

*
( 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。)

ブルネイでテングザルウォッチング「マングローブクルーズ」へ♪行き方や料金もご紹介♪超かわいいが見づらい!

      2020/04/08

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ

お待たせしました!!(?)

ブルネイでと~っても楽しみにしていたのが、テングザルウォッチング!

テングザルはオスが天狗のような長い鼻を持つサル

ボルネオ島固有種であり、絶滅危惧種の貴重なサルです。

そのテングザルを、ブルネイでは街からボートをチャーターして、ささっと見に行けちゃうのです!(野生)

今回、3回行ってきましたので、その集大成をご覧いただきたいと思います!

乞うご期待!するべからず!

 

■テングザルウォッチング(マングローブクルーズ)の行き方・料金・注意事項

テングザルウォッチングへの行き方

テングザルウォッチングに行くには、下記などのバンダルスリブガワンのボート乗り場で船頭さんに声をかけて連れて行ってもらいます

<ボート乗り場例>
「ザ・ブルネイホテル」前(→地図)
「ヤヤサンボート桟橋」(→地図)

その他、少し離れた場所からでも船頭さんがいれば連れて行ってもらえるはずです。

私は「ザ・ブルネイホテル」前から行きました♪

ちなみに、水上集落見学ホタル観賞も上記ボート乗り場から行くことができ、それぞれの目的地は同時に行くこともできます。

ザ・ブルネイホテル宿泊記 おすすめ 旅行記 ブログ 外観 立地

 

テングザルがいる場所はこの近辺↓です。

 

テングザルウォッチングの料金

料金は、相場は1時間B$20(約1,620円)のようです。

テングザルウォッチングは1時間で行けますが、長ければ長い程見られるチャンスが増えます。

私は2時間近く行った日もありました。

料金は、私は他の場所を加えたりしてイレギュラーな料金体系になりましたが、雰囲気的には、上記より少し安くても大丈夫そうでした。

 

テングザルウォッチングの注意事項

テングザルウォッチングする時に知っておくといい事は下記です。

①時間帯は朝か夕方の涼しい時間が良い。
(涼しい時間じゃないと活動しない。)

②ボートは屋根付きを選ぶ。
(テングザルウォッチングに限りませんが、暑いので。)

③カメラは望遠機能必須!できれば練習を!
(かなり遠くて見えない!ピントも合いづらいので、並木道などで練習を!)

ブルネイ カンポン・アイール 世界最大の水上集落 ボートクルーズ 旅行記 ブログ 観光 金曜礼拝 お祈り

 

■テングザルウォッチング・マングローブクルーズへ!

では、私が3回行って撮ったテングザルたちの写真をご覧ください!

まずはこちら!

 

と、遠い……遠いですが、横顔なので、鼻が長いことがよく分かります!

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

こっちを向きました。

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

「のすっ。」

鼻が大きいのはオスだけで、大きい程モテるのだそう。

鼻が大きいと体が大きく、強く、繁殖能力も高いことが多く、メスは魅力を感じるそう。

また共鳴器の役割も果たし、大きな声を出すのに役立っているのだとか。

 

こちらはオスかな?メスかな?

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

こちらはオスとメスのペアです!

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

見てます。

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

オス。

かわいい♡

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

メス。

メスの鼻も少し長くて尖っています。

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

こちらには7匹くらいいました!

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

というわけで、3回見に行ってこれが限界というくらい、あまり見られなくて、遠くて、撮影が難しかったです。

いても、かなり怖がりで、すぐ逃げて行っちゃうんです……。

また、私はこのために40倍ズームのカメラを買って行ったのですが、全然ピントが合わなくて、びっくりしました。

機種の問題が大きいのですが、木の葉が多い所で狙った場所を撮る練習をしておくと、本番でやりやすいと思います!(↓これもサルです。)

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

そんなこんなで、テングザルウォッチング終了~♪

わくわくハラハラドキドキで、とっても楽しかったです!

夕焼けのブルネイ川もとてもキレイでした~♡

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

 

■おすすめしたいようなしたくないような、親切な船頭マーサル

旅行最終日のテングザルクルーズの後。

毎回お世話になった船頭さんが、またお姉さんの家に立ち寄りました。

プレゼントがあるという。

ブルネイ カンポンアイール 水上集落

 

これ!!!

ブルネイ テングザル マングローブクルーズ リバークルーズ リバーサファリ proboscis monkey

・・・サ、サイズ感!

聞けば、前に別の日本人にあげたら、「スーツケースがいっぱいで入らない」と言われて返されたそうで。

私も同じフレーズを用い、感激しながら返還しました……。

でも気持ちはとてもうれしかったし、相場度外視でクルーズに連れて行ってくれて、いろんなことを説明してくれて、美容院に行くために両替もしてもらい、とても親切で熱心で優しい船頭さんでした!

 

それでもう、みんなにおすすめしたいところなのですが、一点だけ欠点が。

クルーズ中、説明するためにこちらを呼ぶ時に、めちゃくちゃ二の腕とか肩とかを触ってくるんですよ。

悪気は無いので言いづらかったのですが、今思えば「痛いから触らないで」と言えば良かったです。

その点だけ、意思表示を心がけていただければ、「ザ・ブルネイホテル」前の川に待機している「MARSAL(マーサル)」はとってもおすすめです!

彼のお蔭で非常に充実したクルーズ体験ができました♪

小柄で年齢不詳のおじさんがいたら、「マーサル?マーサルなの!?」と聞いてみてください♪

では、良い旅を~♡

 

ブルネイのボートクルーズの記事
ブルネイ「カンポン・アイール」世界最大の水上集落を見にボートクルーズへ♪(金曜のお祈りタイム中でもできる観光)

ブルネイのおすすめ観光「ホタル観賞クルーズ」想像以上の美しさに大感動!行き方や料金もご紹介♪

※上記記事は2020年2月訪問時の情報・レートを基に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - ブルネイ