LOVE! TRAVEL

大人女子向け♡旅行記ブログ

*
( 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。)

フィジー旅行記1日目⑥「Mohammed’s Kitchen」でカニカレーを堪能&ナンディマーケットでフルーツをゲット!

   

フィジー旅行記(バスの車内)

フィジーでカニ食べ歩き&絶景シュノーケリングを楽しむ一人旅!

ということで、ナンディのマーティンタールの「Vualiku Hotel & Apartments」にチェックインした後は、バスでナンディタウンへ!

バスの乗り方前回の記事に詳しく書きましたので、参考にしてみてください(^^)

 

■「RB Patel Jetpoint」スーパー前からバスに乗車♪

バス停「Vualiku Hotel & Apartments」前にもありますが、「Jetpointショッピングセンター」の両替所をチェックしてから向かったので、「RB Patel Jetpoint」スーパー前のバス停から乗りました。

バスは、ドアは常に開いているし、運転席の中身は見えているし、ワイルドで興奮しました♪

フィジー旅行記(バスの壊れた運転手席)

 

■レートが良い「LOTUS」で両替

終点のナンディバスターミナルで降りて、まずは両替

半分はマーティンタールで済ませていて、半分はナンディタウンで両替してみました。

ナンディタウンの方がレートは良く、いくつか見た中で一番良かったのが「LOTUS」という両替所でした。(入り口は矢印の所↓)

レート1FJD=約74.515円でした。

フィジーのナンディのレートが良い両替所「Lotus Foreign Exchange」

Lotus Foreign Exchange <地図>
月曜~金曜 8:30~17:00、土曜 8:30~13:00
※手数料無料。
※もう1軒、はす向かいにもあるのかもしれません。(→地図

 

■(カニ1食目)「Mohammed’s Kitchen」でカニカレーを堪能!(Mud Crab Curry)

街並みを見ながら、続いて向かったのがローカルレストランの「Mohammed’s Kitchen」!

お目当ては「マッドクラブカレー」です!

マッドクラブは、シンガポールやスリランカで食べて大好きになり、フィジーでも食べられると知って、これは食べ歩きするしかない!ということで!

ほぼ毎日食べてみました!(痛風のようなものになりました。笑)

「Mohammed’s Kitchen」は、ナンディタウンの北側にあり、バスで直接行く場合は、ナンディ橋を渡ってすぐベルを鳴らすとお店の近くのバス停で降りることができます。

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」の外観

 

半屋外の開放感がある店内

フィジーのレストランはどこも空いていて、ストレスが無かったです♪

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」の店内

 

壁に貼ってあったメニューがこちら。(値段が判読できない物もありますが……。)

この時の現金のレートは1FJD=約76円。(私が複数の両替店で両替して算出したレート。レートが良いお店の場合は1FJD=約74.515円。)

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のメニュー

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のメニュー

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のメニュー

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のメニュー

 

さて、私は口コミを参考に、Facebookのメッセージで2日前に「マッドクラブカレー」を予約しておきました♪

正確な時間は必要無いみたいでしたが、「マッドクラブカレー」は予約しておいた方が良さそうでした。

お店に着くと、「とりあえずお水飲む?」みたいな感じで巨大な水を提供され(有料)、自分では「Kumquatジュース」5FJD(約380円)を頼んでみました♪

「クムカット」は日本語では「金柑」ですが、あの金柑独特の味はせず、ほんのり苦みのある飲みやすい柑橘ジュースでした。

砂糖を少しだけ入れてあるそう。

「Mohammed’s Kitchen」のクムカットジュース(金柑ジュース)

右側のはサービスの、粉ミルクを入れたようなコーヒー牛乳のような物

 

ではお料理!

こちらは前菜のサモサかな?

中にジャガイモとグリーンピースが入っていて、甘酸っぱいカレーソースとよく合って、おいしかったです♪

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」の前菜(サモサ)

 

そして念願の、第一「マッドクラブカレー」!!!

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のカニカレー(Mud Crab Curry)

 

いやぁ~大迫力でスバラシイ!

右のグレイビーをかけて食べるとのこと♪

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のカニカレー(Mud Crab Curry)

 

カニは大きくて身がぎっしり!

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のカニカレー(Mud Crab Curry)

 

このツメの中の身がたまりません!

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のカニカレー(Mud Crab Curry)

 

そんなカニを食べるのにマストなのが、カニスプーン使い捨て手袋!

シンガポールやスリランカではお店で用意してありますが、フィジーは無さそうだったので、自分で準備しました♪

(使い捨て手袋は忘れたので、現地で購入。)

これが本当にめちゃくちゃ役立ちました!

フィジー旅行のおすすめの持ち物、カニスプーンと使い捨て手袋

手袋は基本、左手だけに着けると、右手が使いやすくなりグッドです♪

カニスプーンは、スプーンが尖り過ぎていない方がすくいやすい気がして、こちらの貝印の物↓を選んでみました♪

 

そしてカニの身を堀りに掘って!

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のカニカレー(Mud Crab Curry)

 

グレイビーやご飯と合わせていただきます!

うーん、おいしい!(^o^)

フィジーのナンディのローカルレストラン「Mohammed’s Kitchen」のカニカレー(Mud Crab Curry)

確かグレイビーの方にカニミソも入っていて、味が深~い!

ややしょっぱめのソースがカニの甘みを引き出し、とぉってもおいしかったです!

この「マッドクラブカレー」(サモサ含む)の値段45FJD(約3,420円)でした。

クレジットカードは使用不可でした。

正直、カニの身を取り出すのは大変ですが、やる気があってマッドクラブが好きな方にはおすすめです!

Mohammed’s Kitchen <地図>
月曜~土曜 7:00~21:00、日曜 8:00~16:00
カード:不可
facebookページ

 

■ナンディマーケットで南国フルーツをゲット♪

カニカレーを堪能した後は、ナンディタウンのお店を覗いて、ナンディマーケットでフルーツを買ってホテルの方に戻りました♪

ナンディマーケットは後日、賑わう土曜日に再訪したので改めてご紹介します♪

買ったのは、こちらのお店↓でパパイヤ!

小さいのが1皿5FJD(約380円)、大きいのが1皿10FJD(約760円)でしたが、どちらを買ったか忘れてしまいました(>_<)

ちなみに他のお店で買ったパパイヤの方がおいしかったですっ。

フィジーのナンディマーケット

 

外のお店でグァバも!1皿2FJD(約150円)!!

フィジーのナンディマーケットのグァバ

 

バナナライムみたいな柑橘も各2FJD(約150円)でゲットしました♪

フィジーのナンディマーケットで買った南国フルーツ

意外にパパイヤもグァバも熟していなかったので、フルーツはなるべく早めに買っておくのがおすすめです!

マンゴーも採れますが、10~12月くらいがシーズンということで、この時(5月)は全く見かけず、残念でしたっ。

ナンディマーケット <地図>
月曜~金曜 7:00~17:00、土曜 6:00~17:00
定休日:日曜
カード:不可

 

ナンディタウンからマーティンタールに戻ったら、スーパー「RB Patel Jetpoint」に寄って、無事ホテル到着!

少々疲れたので、夜ご飯はスーパーで買ったヨーグルトや成田の「鉄板焼 道頓堀 くり田」でもらったどら焼きで済ませました~。

これで1日目が終了です!(^^)

次回からは2日目。

再び、ナンディタウンでカニカレーとお買い物を楽しみました~♡

 

※上記記事は2024年5月訪問時の情報・レートを基に作成しており、現在の状況と異なる場合があります。

 - フィジー